設計者の表記に関して教えてください。

設計者の表記に関しては以下の原則に則して表記するようにしています。アプリの仕様上、厳密なクレジットよりもデータベースとしての一貫性を重視して表記するようにしています。

  • 所謂アトリエ系建築家、事務所を持ちながらも一人の建築家が主催している場合等は「建築家名」を表示しています。(例:磯崎新アトリエ→磯崎新)
  • 所謂組織系設計事務所は「事務所名」を表示しています。(例:日本設計や日建設計など)
  • 所謂ユニット派や複数のパートナーが共同で主催している場合等は「事務所名」を表示しています。(例:アトリエ・ワンやみかんぐみ等)
※基本設計と実施設計で設計者名が分かれている場合は基本設計のみを設計者欄に記載するようにしています。
※アトリエ系事務所+事務所名というケース(原広司+アトリエファイなど)は事務所名を省略しています。 
※JV等は主要な事務所を並記しています。 
※主催している建築家が死亡、離脱などをした場合はそれぞれ区別して表記しています。(「坂倉準三」と「坂倉建築研究所」など) 
※所属・主催している事務所とは別個に個人名義でクレジットがある場合は個人名義で登録するようにしています。(例:「SANAA」と「西沢立衛」や研究室名義での設計など)
※研究室名義での作品と事務所名義の作品で同一人物の場合は同じ設計者名で登録するようにしています。(ややこしいですが例として「古谷誠章研究室」と「STUDIO NASCA」の作品は二つとも「古谷誠章」として登録)
※以前、所属・主催していた事務所が解散、ないしはそこから離脱した場合は別途、新しい設計者として登録するようにしています。(例:「アーキテクト・ファイブ」と「堀越英嗣」など)
※それぞれ個人としての設計実績がありながらも、時代によって事務所を同一にしている場合は複数の設計者を併記するようにしています。(例:「辰野片岡事務所」ではなく「辰野金吾+片岡安」、「谷口吉生+高宮眞介」など)
※デザインアーキテクトも併記するようにしています。
※特に、一部大型プロジェクトなどで一部設計者が記載されていない場合がありますが、意図的なものではなく調査不足による記載ミスです。分かり次第追加・反映しておりますが、もしご存じの方は「設定>要望・質問」よりご連絡いただければ幸いです。次回アップデート時に追加・反映させていただきます。